最近では、ファクタリングという特殊な商品が登場しています。会社の売掛金を売却できるシステムです。

多くの法人は、特定の期日になったらお金を支払われるという契約を結んでいます。それが売掛金なのですが、実はそれは売却をする事も可能なのです。急いで資金が必要な法人などは、思い切って売却しようと考えている事もあります。

ところが高利のファクタリングなどは、ちょっと注意を要します。ファクタリングでは金融業者には手数料は払うのですが、残念ながら一部の業者はかなりコストが高いです。

ところでそういう手数料は、実は過払い請求で戻ってくるケースがよくあります。ファクタリングというのは、一見すると借金とは無関係に見えますが、実は間接的な借金の1つなのです。ですから金融会社の徴収手数料があまりにも高い時などは専門事務所に相談してみると支払いすぎた利息の計算を行いお金が戻る場合があります。しかも会社の運転資金に関わるお金ですから、かなり大きな数字で戻ってくる事もあるのです。

過去において売掛金を売却した経験があるものの、ちょっと手数料が高いと疑われる時などは、債務整理を検討してみると良いでしょう。ただしファクタリングの場合は、かなり専門知識が求められますから、基本的には弁護士などに相談するのがおすすめです。