3世代で体験、保津川下り《嵐山 保津川》

去年のゴールデンウィークに京都の保津川で川下りを体験しました。
川下りで人気のシーズンは桜の季節と紅葉のきれいな季節だそうですが、ゴールデンウィークの新緑の季節もとてもきれいで気候もよく、とても良かったです。

前々から興味があって一度は乗ってみたいとは思っていましたが、川を下るだけにしては結構な金額かと思って、なかなかふんぎれませんでした。
今回は私たち夫婦も母や妹たちも何度か嵐山には行った事があり、小学生の息子には嵐山観光だけではちょっと退屈かな?という気持ちもあって、初めて体験する事となりました。

意外と小さい船に乗り込み、川の水も近い位置で息子はかなりテンションアップでした。
夫は乗船前に売店で買ったビールを片手にご満悦。
途中で売店の船もあり、美味しかったです。

船頭さんのお話も楽しく、変化に富んだ行程で私たちも息子も母もとても楽しい90分程度の船旅でした。
乗り降りの際も船頭さんが手を貸してくださったので、少し足の悪い母も問題ありませんでした。

保津川では同じ川下りでもラフティングもあります。
こちらも楽しそうでした。機会があればチャレンジしてみたいと思います。
このときの我が家の行程は朝9:00の船に乗るため40分程度前に駐車場に到着。ゴールデンウィークなのでいっぱいかと思いましたが、私たちが1番乗りでした。車はそこに置いておき、乗船。

昼前に嵐山に到着。昼食は湯豆腐を食べ、あとは嵐山をぶらぶら散策。
竹林と天竜寺は息子も気に入ったようでした。大きな達磨の絵も写真に収めていました。
当時、百人一首にはまってた息子のために「小倉百人一首殿堂時雨殿」に行きましたが、ここはちょっと物足りなかったかな。

帰りはトロッコ電車で亀山まで帰る予定でしたが、暑いぐらいの天気だったこともあり、予定時間よりかなり早くみんな疲れきってしまい、早い時間の電車に変更してもらいました。
電車の中からは上から見る保津川を見られ、楽しい1日でした。

おすすめ情報サイト

  • 保津川下り:丹波亀岡から京都の名勝嵐山までの約16kmの渓流を約2時間で下るスリルの舟下りです。
サブコンテンツ

このページの先頭へ